ぼやき 作文・会話 語彙・文法 読解・リスニング

【コラム】『英語のハノン 効果無い』から考える現代社会の病理

みなさんはじめまして。
陰glish BLOGです。
どんな人間なのかは
以下のスペックをご覧ください。

[スペック]

・アラサー
・無職
・英検1級/TOEIC975
元学校教員/元塾講師
・海外経験一切ゼロ。パスポート持ったこともない
・友達はもちろん少ない。

ぼく

要するに、英語ができる日陰者です。よろしければ、Twitterもフォローお願いします。


ぼく

また、トップページ最下段にプライバシーポリシーと免責事項があるので、そちら、ご承知おきください
お問い合わせは、TwitterのDMか、 introvertenglish1754アットgmail.com からお願いしますなお、各種記事内のリンクはまあまあの割合で広告であること、ご承知おきください。


さて、本ブログをご覧になっている皆さまであればご存じであろう事実として、最近のワタクシの激推し教材は『英語のハノン』シリーズでございます。

で、まあぶっちゃけ、Google先生で調べたときに、自分のブログがどの辺に表示されるかって気になっちゃうので、定期的に『英語のハノン』で検索してるのですが、そのときに発見したことがありまして

ナニカって言いますと、「これで検索してね!!!」とサジェストされるワードの一個目が、こんなんになっているってことです。

ぼく

お、おう。。。。。。


いやまあ、別に、「僕の大好きな教材をみんなバカにしてる!!!ムキー!!!!!」って感想を抱いてるわけじゃないんですよ。

そして、「ハノンってこんな素晴らしいんだよ!!!!」を、「今この場で」改めて語りたいわけでもないです。

じゃあ何を語りたいかっていいますと、これ、なんというか、「私がここ最近抱えている危機意識」が、如実に表れた検索結果でして、その辺をバチっと言語化してみたい、って話です。


ぼく

以下、正直「ハノン」どころか、英語さえ関係ないんですけど、そちらはご容赦ください。


前提:世はまさに大情報化時代

上に見出しとしてつけた「前提」は、誰しもが認めるところでしょう。

文明の利器スマートフォンを、一定の年齢に達したJapanの皆さまはほぼほぼ携えており、そこら辺を飛び交う電波の力を借りながら、24時間365日、望む時間に望むだけ、インターネットの海を揺蕩うことができる。

SNSなんてものもすっかり発展し、リアルの延長線として、顔も声も見知った友人と繋がり続けることもできる。

顔も名前も声も知らないがテキストベースで気が合う人間とつるみ、そして、そこでの付き合いをリアルに繋げていくなんていう、「リアルの延長線」と真逆の動きだってできる。

抽象的にまとめてしまえば、ワン〇ースもビックリの大海、インターネットの海は、24時間365日、つながりたい人間とつながること、欲しい情報を得続けることを可能としてくれています。

ナニが問題なのか

前段落をさらに抽象的にまとめると、今日は、「自らが望む通りの情報や人間関係に浸り続けることができる時代」であると思っております。

んで、これは一見、喜ばしい時代の訪れに見えますし、メリットを書く気になれば、別に無限に書けます。

量に注目すれば、二世紀前の国家主席がアクセスできる情報の、何倍かも分からない情報に、我々一般平民がアクセスできる

質に注目すれば、愛しいあの人との物理的離れによる悲しみが緩和されること、今まで疎外されてきた人間が社会と結びつけるようになったこと、ナドナド。

ただね、一個、デカい問題かつ、残念ながら解決不可能に近い問題があるとおもってまして。

なにかって言いますと「浸りたい情報に浸ることができる」のはいいのですが、「浸りたい情報」に関して「その情報の真偽」が一切問題になっていないってことです。

もうちっとわかりやすくいきます

まあ、私が何を言いたいかってのは、具体例が分かりやすいでしょう。

例えば、「某政治家はとんでもない悪者」であるという情報に浸りたいとしたら、「彼は人為的に地震や台風を起こしていた」って情報を得ながら、そういう情報を好むコミュニティに所属することができる。

例えば、「実はロシアは正義の味方」っていう価値観の中で生きたいとしたら、「ウクライナは理由なき暴力を行使し続けている」って情報と、それが正義とされる集団にいることができる。

例えば、某ウイルスもたらした閉塞感から罪悪感なく解放された生活を送りたいとしたら、統計的に証明されたリスクは一切無視して、「某ウイルスは大したことない、なんなら存在しない」って規範の中にのみ、自らを存在させることができる。

三連発具体例、分かっていただけたと思います。

こんなふうに、インターネットという大海は、そして、それがもたらす情報の洪水は、皮肉にも、とにかく、自分が欲しい情報と価値観「のみ」に、各個人が身を委ねるってのを、可能にしてしまったのです。

「ハノン」の話に戻りますよ

大前提、「英語のハノン」ですが、やったらたぶん効果ありますよ。

効果がある理由を3時間かけて編み出した文章で強弁すること、可能ですが、あえてしないで雑にすませます。

だって、そもそも「やって何にも効果無い教材」って、あんまりないですもん。

はい、前段落と絡めましょう。

サジェストに「英語のハノン 効果ない」と書いてあるから、とりあえずそれを無邪気に押して調べてみた方を除くと、「英語のハノン 効果ない」と、わざわざ調べる人って、どんな情報を得たい方なんでしょうか?

たぶん「英語のハノンは効果い」という情報に浸りたい方ですよね。

かるーく紹介をすると、「英語のハノン」ですが、明らかに、楽な教材じゃないです。

be動詞に何日もかけるようなスピードで進む。ぶっちゃけ紙面は地味。練習しても噛みまくる。

はっきり言っちゃうと、挫折率は高いでしょう。

で、挫折したときに「自らが望む情報に浸る」ってのに慣れきってしまった現代人の多くはどういう動きをするか。

もうわかりますよね。

「英語のハノンは効果ない」って情報を積極的に得に行って、自らの挫折を正当化しようと動く。

これが、私の考える、以下のようなサジェスト(再掲)の根本原因でございます。


以下、「英語のハノン 効果ない」でたどり着いた方がいたら

実質的なお説教以外のナニモンでもないようなメッセージ、失礼いたしました。

ただね、励ましの言葉を贈ると、とりあえず、「英語のハノン 効果ない」で検索するってことは、英語学習者であること、何らかの悩みを抱えていること、間違いないと思います。

あえて、「耳触りの良くない、皆さまが求めてはいない情報」の提供を、もう一度だけ失礼しますと

とりあえず、もはやハノンじゃなくていいし、薄くても軽くてもいいから、とにかく教材を一冊仕上げてみるといいと思います。

文法教材なら自分で説明できるくらいまで。

暗記系教材なら、文字通り、全部覚えるまで。

そこから、「一冊仕上げた自分」って成功体験と、in whichで得られる自己の能力の向上を、ゲットしてみてください。

それを味わったうえで、英語のハノンを仕上げた自分、仕上げることができる自分をある程度イメージできるようになったら

またまた言い換えると、今一度、手持ちの教材を前向きに信じてみようという気持ちが生まれたら

言っちゃえば「英語のハノンを全部仕上げた時の効果」が、自らが欲しい情報に変わったら

再スタートしてみると、いいんじゃないでしょうか?

ぼく

いちおう、私はこんなんでも「学習者の味方」のつもりです。ご武運を!

Noteで✨情報商材✨も売ってます

よろしければ投げ銭感覚で




読み終えてサヨナラする前に
陰ブロ自薦:「特に魂が籠った記事」集

2024/2/5

陰gligh BLOGさんの勉強法-その全て-

陰sligh Blogさんの勉強法の全てを、ここにまとめるつもりです。

ReadMore

英語のハノン上級

2022/5/22

【コラム】「『英語のハノン』が上級まで出たこと」が、英語学習/教育の革命になりうる理由

「英語のハノンが上級まで出たということは、英語教育、英語学習の革命なのである」そんな主張を、ただただ俺が書きたいように、書き散らかした、レビューとはいえない、まあコラム。

ReadMore

仲本の「壁」を突破する英文法完全速習講義

2023/4/1

【読め】仲本の「壁」を突破する英文法完全速習講義 【悲しき人間を救うため】

Kindleunlimitedでしか読めない、陰に隠れた参考書、『仲本の「壁」を突破する英文法完全速習講義』読んだ瞬間電撃走る。なぜか?徹底解説。

ReadMore


学習相談、個別指導やってます!


YouTubeも始めました!チャンネル登録、高評価、よろしくお願いします。

チャンネル登録はこちらから!

↑今お読みの記事であえて完全に描写を捨てた「私の『英語のハノン』への熱き信頼」は、興味あったらここからどうぞ↑

-ぼやき, 作文・会話, 語彙・文法, 読解・リスニング
-, ,